top of page
検索
  • ヨガ哲学/神話の世界

バガヴァットギーター 2章30節

श्रीमद्भगवद्गीता




アルジュナが、恩師や叔父、友達と戦いたくない!と嘆いているのを聞いて、クリシュナは嘆くべきではないと2-11で伝え、なぜ嘆くべきでないか(賢者が嘆かない理由について)を2-12以降でさまざまな角度から教示し、2-30は私たちの本質である魂(アートマン、プルシャなど)は、永遠不滅なので、嘆き悲しむな とこれまでの教示を総括しています🌿


賢者は嘆かない理由は簡単にまとめると4つ⬇︎


・私たちの本質は永遠不滅

 はじまりもないし、終わりもない


・輪廻転生

 肉体が死んでも魂は生き続け、新しい肉体にまた宿る


・苦楽等の同一視

 本来、暑い寒い、幸せ不幸、などない。自分の主観で考えてしまう


・不可避の物事の受容

 自分に起こる事は常に必要な事であって、絶妙のタイミングで自分に起こっているので受け入れる



私たちは、有限の肉体と心を持っていて、いつか終わりが来る。

つまり有限な体とは死が確実に訪れるということが、私たちが嘆き悲しむすべての原因です。体調不良、病気、老化、天災、失職、戦争などの恐れは、死につながるからです。


これらは、有限である「肉体や心」を、永遠不滅である「私たちの本質」を同一視してしまうことによって、苦しみや悲しみ嘆きながら日々を過ごしてしまいます。



「君たちは、有限の心身を持っていて、無知で何かが足りず、悲しみに満ち溢れていずれ死ぬ。ことはない。本当の君は、全てを知っていて、不足しているものは何一つなく、幸せそのもので、永遠不滅である」


とクリシュナは言っていますが、あらゆる物質/欲望/目に見えることだけを信じることの多いこの現象世界に、どっぷり浸かり込んでる私たち現代人は、クリシュナの教示を素直に、そうなんだ! と単純に思えないことの方が多いですが、先入観にとらわれず、素直に心のみみを傾けることによって、いつの日か「魂」を理解し観知できる日が来るかもしれません。



なかなか、魂について理解しにくいですが、それは当たり前のこと。2-29でクリシュナは、


ある人は、魂をまれに観て

ある人は、魂についてまれに語る

ある人は、魂についてまれに聞き

ほとんどの人は、聞いたとしても、誰も魂を理解しない

※魂=私たちの本質、アートマン、プルシャ

と言っていて、魂を感知しても、うまく伝えられるのはごくわずか。運良く魂について聞けたとしても、ほとんど理解できないということ。

それくらい魂を感知するということは、精妙な体験ということです。


閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示
記事: Blog2_Post
bottom of page